JR西:トンネル内で風圧体感「新幹線研修」 見直し検討

毎日新聞 / 2018年10月16日 20時37分

JR西日本は16日、新幹線のトンネル内の通路に社員を座らせ、時速300キロの通過を間近で体感させる研修について、見直しを検討していることを明らかにした。石井啓一国土交通相が同日午前の閣議後の記者会見で「JR西のやり方について、効果もさることながら、安全性の確保や必要性について問題意識を伝えている」と言及していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング