暴言:特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都

毎日新聞 / 2018年10月23日 11時47分

京都府城陽市立南城陽中学校の特別支援学級で先月、担任の50代女性教諭が数人の生徒に「殺したろか」などと暴言を吐いていたことが23日分かった。市教委によると、9月27日の昼休み、室内で禁止されているフライングディスクで生徒らが遊んでいたため、教諭がやめるよう注意する中で暴言が出たという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング