大阪府警:保護後にパトカー内死亡の男性 死因は肺うっ血

毎日新聞 / 2018年10月22日 22時20分

大阪府警は22日、パトカー内で保護中に死亡した会社員の男性(33)=同府豊中市=について、司法解剖の結果、死因は肺うっ血だと明らかにした。都島署員らが20日夜、泥酔して車内で暴れる男性の手足を押さえつけており、府警は署員らの制圧行為と死亡との因果関係を調べている。府警によると、男性は肺に血液がたまり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング