京都市から市バスの運行管理の一部を受託している京阪バス(南区)が、2019年度までで撤退することが8日分かった。市バス全818台のうち66台(8%)の運行と180台の整備を受託してきたが、同社によると人手不足で運転手や整備士の確保が困難となったことが理由。市は、この分を直営に戻して穴埋めする方針だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング