寝屋川中1殺害:被告、遺体の偽装工作認める

毎日新聞 / 2018年11月15日 1時35分

大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を2015年8月に殺害したとして、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の第5回公判が14日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)であった。被告人質問で山田被告は改めて殺意を否認する一方、男子生徒の遺体周辺に他人の体液が付いたティッシュを置く偽装工作をしたと認め、「他人のせいにしたかった」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング