築地で働く男を狙い続けた写真家が撮る「最後の日」 豊洲で展示

毎日新聞 / 2018年12月11日 10時0分

カメラマンの沼田学さんが、東京・築地市場の最終日に撮影した写真展「10・6築地市場最後の一日」が豊洲市場の銀鱗(ぎんりん)文庫で開かれている。沼田さんが友人に連れられて築地市場を訪れたのは、2016年春。水産仲卸業者売り場に足を踏み入れると、そのパワーに圧倒された。「人を撮りたい」と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング