M8級、5分で連動地震情報 南海トラフで避難指針

毎日新聞 / 2018年12月11日 11時17分

政府の中央防災会議の作業部会は11日、南海トラフ地震の発生可能性が平常時より高まっていると判断された場合の避難のあり方など、防災対応に関する報告書をまとめた。想定震源域でマグニチュード(M)8以上の地震が起きた場合、連動地震の危険性を呼び掛ける臨時情報を最短で5分後に発表し、約2時間後に避難を呼び掛けるとの方針を示した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング