「娘のために前を」交通事故で長女亡くした神原さん夫妻

毎日新聞 / 2018年12月16日 13時5分

18日・地裁福山支部判決「悲しみ、薄れない」「すべて夢であってほしいと、何度思ったことか」。法廷で陳述書を読み上げる広島県福山市東村町、神原正行さん(52)の声は震え、何度も途切れた。日本郵便職員だった長女、千紘(ちひろ)さん(当時21歳)を突然の交通事故で失って約1年。公判で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング