高1自殺、いじめの可能性 三重県教委が結果公表へ

毎日新聞 / 2018年12月19日 20時52分

三重県教育委員会は19日、県立高校1年の男子生徒(16)が8月に自殺し、いじめが原因だった可能性があると発表した。いじめ防止対策推進法の「重大事態」に当たるとして、21日に第三者で構成する県いじめ対策審議会を開いて調査を進め、結果を公表する。2014年3月の同審議会設置以降、いじめの疑いで死亡した生徒に関する話し合いが行われるのは初めて。県教委によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング