宜野湾市民が沖縄県民投票巡り賠償提訴へ 「投票できず精神的苦痛」

毎日新聞 / 2019年1月15日 23時43分

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票(2月24日)を巡り、宜野湾市民有志でつくる「県民投票じのーんちゅの会」は15日、市が投開票事務を実施しないために投票権を侵害されて精神的苦痛を受けたとして、市を相手取って3月中にも国家賠償を求める集団訴訟を那覇地裁沖縄支部に起こすと発表した。「じのーんちゅ」は沖縄の方言で宜野湾市民の意味。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング