「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う

毎日新聞 / 2019年1月16日 10時3分

諏訪大社下社春宮(長野県下諏訪町)で14日夜から15日早朝にかけて、諏訪の七不思議とされる「筒粥(つつがゆ)神事」があった。今年の世相や農作物の作況を占う行事で、神託(五分満点)の「世の中」は去年と同じ「三分五厘」。諏訪大社は「例年になくかゆの入りにばらつきが多く去年より少し落ちる。要注意の年ではないか」とした。この神事は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング