稀勢の里に「誇りに思って」「よく頑張った」 地元・茨城、引退を惜しむ

毎日新聞 / 2019年1月16日 11時19分

久々の日本出身横綱として相撲人気を支えた稀勢の里の引退に、地元・茨城県内からはねぎらいや惜しむ声が聞かれた。同県牛久市出身の稀勢の里は幼稚園から中学校まで隣の同県龍ケ崎市で過ごした。同市立松葉小時代は少年野球チーム「龍ケ崎ハリケーンズ」でプレー。指導した総監督の岩瀬正和さん(70)は引退をラジオの速報で知り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング