「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転

毎日新聞 / 2019年1月17日 11時43分

堺市南区で昨年7月、車のあおり運転でオートバイに追突し、大学4年の高田拓海さん(当時22歳)を殺害したとして殺人罪に問われた同市の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判が17日、大阪地裁堺支部であり、検察側は「まれにみる異常な殺人運転だ」として懲役18年を求刑した。判決は25日に言い渡される。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング