アイヌ工芸、次世代に 文化継承の取り組み本格化 北海道

毎日新聞 / 2019年1月20日 10時22分

南部鉄器や西陣織など日本を代表する国の「伝統的工芸品」に、北海道内から唯一指定されているのが平取町二風谷地区で作られるアイヌの民具、アットゥシとイタだ。指定の空白地帯となっていた道内で、2013年3月にようやく指定されたことで価値が再評価され、文化継承の取り組みも本格化し始めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング