平成 “ケータイ”一気に拡大、全世代に 「人間の機能低下」懸念

毎日新聞 / 2019年1月20日 10時57分

平成時代を最も端的に象徴するモノは「ケータイ(携帯電話)」ではなかろうか。昭和の終わりに登場した携帯電話は、あれよあれよという間に社会の隅々に浸透した。その普及過程は、そのまま平成の30年余とぴったりと重なる。【高橋努】その初期、ケータイは電話という単なる意思疎通の道具に過ぎなかったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング