全国初の山岳医事務所を開設 ブーム背景に急増する山岳遭難対策に対応

毎日新聞 / 2019年1月21日 10時20分

日本登山医学会の認定資格を持つ内科医の神田橋宏治さん(51)が、全国初の「山岳医事務所」を東京都文京区向丘1に開設した。登山ブームを背景に、山での遭難者数は年間3000人を超すが、一部の山にしか診療所がないなど、医療体制は十分に整っていない。神田橋さんは「山では診断ミス一つが命取りになる」と指摘。「山岳医事務所」では医師・看護師の同行や登山計画作成の助言などに対応する。【高橋昌紀】警察庁のまとめによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング