勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会

毎日新聞 / 2019年1月21日 20時33分

厚生労働省の有識者検討会は21日、地域医療を支える勤務医の残業上限時間について議論した。年1900~2000時間とする厚労省案に対し、委員から「過労死の労災が認められる目安を大きく超える」と批判が相次いだ。今年4月に施行される働き方改革関連法では、医師について医療体制への影響を考慮し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング