防衛省「最終見解」 にじみ出る不快感 火器管制レーダー照射問題

毎日新聞 / 2019年1月21日 21時27分

防衛省が21日に発表した「最終見解」では、韓国側の対応に関し「事実と異なる主張を繰り返している」「全く客観性に欠ける回答を繰り返す」などの記述が随所にみられる。韓国側への不信感を募らす防衛省の不快感がにじみ出る内容だ。【はじめに】防衛省は再発防止を強く求める観点から、日本側が有する客観的事実をまとめ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング