「村八分」で集落住民らを移住男性が提訴 「家族ばらばらに」 大分

毎日新聞 / 2019年1月22日 20時7分

大分県中部の集落に移住した男性(73)と家族が、生活用水を確保できなくなるなど「村八分」の状態にされて転居せざるを得なくなったとして、集落住民2人やため池を管理する土地改良区を相手取り、損害賠償約2900万円を求める訴訟を大分地裁に起こした。提訴は21日付。訴状によると、男性は2008年2月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング