絶滅危惧のフクロウ「トラフズク」たこ糸が絡まり死亡 京都・桂川で

毎日新聞 / 2019年1月24日 6時30分

京都市右京区の桂川の河川敷で22日、京都、大阪、奈良などの各府県で絶滅危惧種に指定されているフクロウ「トラフズク」1羽が、たこ糸が羽に絡まって死んでいるのを住民が見つけた。たこ揚げで使われた糸とみられ、専門家は「ごみの放置は貴重な野生動物の命を奪う」と訴える。トラフズクは体長約40センチの中型フクロウで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング