新芽待ちわび草原に火 長崎・川内峠で野焼き

毎日新聞 / 2019年2月11日 9時0分

長崎県内有数の草原地で、風光明媚(めいび)な平戸市の川内峠(標高267メートル)で10日、野焼きがあった。消防団など関係者150人が参加して火を放たれた草原は炎と白煙に包まれた。川内峠は平戸島北部の丘陵地帯(約30ヘクタール)で、九十九島や壱岐、対馬を望む眺望のよさで知られる。秋に一面を覆ったススキを毎年2月に野焼きすることで芽吹きを促し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング