写真

雁木が連なる街並みで門付けに向かう瞽女=上越市で19年2月10日、浅見茂晴撮影

盲目の女性旅芸人、瞽女(ごぜ)が人家の門口で三味線を弾き語り、金品を受け取る「門付け」を再現するイベントが10日、新潟県上越市内であった。雪が降る雁木(がんぎ)の街並みに三味線と瞽女歌が響き、往時の雰囲気を伝えていた。NPO法人「高田瞽女の文化を保存・発信する会」が瞽女の生き方に思いをはせようと毎年実施している。今年は三味線奏者の月岡祐紀子さんと公募で選ばれた市内の女性3人が参加し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング