写真

豚コレラが確認された養豚場付近で殺処分の作業を進める関係者ら=愛知県豊田市で2019年2月6日、大西岳彦撮影

愛知県豊田市の養豚場を起点に長野など出荷先を含む計5府県に豚コレラの感染が拡大した問題は、13日で感染確認から1週間を迎えた。起点の養豚場は12日までに一連の防疫措置が完了。愛知県は「対応に大きな落ち度はなかった」とするが、結果的に感染拡大を招き、検査の進め方などについて疑問の声も出ている。県の感染前後の対応をまとめた。愛知県によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング