「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡

毎日新聞 / 2019年3月20日 7時0分

公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、透析治療をやめる選択肢を外科医(50)から提示されて亡くなった女性(当時44歳)について、都が実施した立ち入り検査の結果が判明した。都は、女性が何度も治療中止を撤回したいと訴えたにもかかわらず、外科医は治療再開の要請を聞き入れなかったと認定。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング