佐賀県職員が“いちごさんの苗”流出 県「ブランド確立に支障」と懸念

毎日新聞 / 2019年3月20日 8時27分

佐賀県は19日、県産イチゴ「いちごさん」の苗を、再任用された県職員の60代男性が無断で、生産を認められていない農家に譲渡したと発表した。流出した苗を基につくられた5株は直売所で販売され、行方が分からなくなっている。20年ぶりの新品種のPRに努めていた県は記者会見で「苗がブローカーや県外、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング