大阪府警2署、捜査書類など100点以上を放置 16年の調査に不備か

毎日新聞 / 2019年3月20日 13時20分

大阪府警の2警察署で、捜査書類など計100点以上が不適切に放置されていたことが、府警への取材で明らかになった。未解決のまま公訴時効を迎えた事件もあったが、検察庁に送致していなかった。府警では2016年、府内の61署で捜査書類など計8345点を放置していたと発表。当時の調査が不十分だった可能性があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング