宮城・大崎でSLが長年放置 アスベストも

毎日新聞 / 2019年3月22日 22時40分

宮城県大崎市内に保存されている蒸気機関車(SL)3台が雨や雪を防ぐ屋根もない野ざらし状態で腐食が進んでいる。中でも同市鳴子温泉の中山平地区に保存されている1台は内部にアスベスト(石綿)が使われているとして、住民が十数年来、市に対応を求めながら放置されている。市は安全性の確認方法や今後の対応をJR東日本などと話し合い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング