京都大で論文不正、男性教授に撤回勧告 教授「ケアレスミス」と主張

毎日新聞 / 2019年3月26日 21時7分

京都大は26日、大学院理学研究科の男性教授が2016年に米科学誌「サイエンス」に発表した熊本地震に関する科学論文で、データの改ざんや盗用などの不正があったと発表した。京大は「故意であるか否かは判断できなかった」としているが、男性教授に論文撤回を勧告した。近く懲戒処分する方針。論文は林愛明教授(地震地質学)が筆頭・責任著者で16年10月に発表した。同年4月発生の熊本地震で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング