名古屋中1自殺で第三者委「いじめ認められない」 父親再調査要求へ

毎日新聞 / 2019年4月15日 19時38分

名古屋市名東区の市立中学校1年の女子生徒(当時13歳)が昨年1月に自殺した問題で、市教育委員会は15日、第三者委員会「市いじめ対策検討会議」が「心身の苦痛を感じるいじめは認められない」との報告書をまとめたと発表した。女子生徒の父親(47)は調査が不十分として、いじめ防止対策推進法に基づき、河村たかし市長に再調査を求める。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング