写真

歌を披露する村上颯太さん(左から3人目)ら木山仮設団地の子供たち=熊本県益城町の木山仮設団地で2019年4月15日午後7時24分、徳野仁子撮影

震災関連死を含め273人が犠牲になった熊本地震は16日、本震発生から3年となる。震度7を2度観測した熊本県益城(ましき)町の木山仮設団地では15日夕、団地の子供たちで作る合唱団が復興を願う歌を披露し「あの日」と向き合う被災者たちを温かく包み込んだ。「傷ついた熊本をもとの姿にもどそう♪」。現在も131戸281人が身を寄せる団地内で歌声を響かせたのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング