アブラムシが巣を修復する仕組みを解明 産総研などの研究チーム

毎日新聞 / 2019年4月16日 4時0分

アブラムシの一種が、植物の組織でできた巣「虫こぶ」の穴を自らの体液でふさぐ仕組みを解明したと、産業技術総合研究所(産総研)などの研究チームが発表した。2ミリ四方程度の穴の場合は幼虫100匹以上が集まって30分以内にふさぐという。米科学アカデミー紀要(電子版)に16日掲載された。アブラムシの仲間約5000種のうち約80種はシロアリなどと同じ役割分担をする社会性昆虫で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング