強制不妊 訴訟の70代男性が「顔」を公表 「一緒に手術された仲間も被害を訴え出て」

毎日新聞 / 2019年4月18日 22時4分

10代の時に不妊手術を強制されたとして、仙台地裁に国家賠償請求訴訟を起こした「東二郎」の名で被害を訴える宮城県の70代男性が18日、第2回口頭弁論後に記者会見に応じ、顔を公表した。決断の理由について、仙台市内の診療所で一緒に手術された入所仲間の男性2人を思いながら、「2人は今どうしているのか。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング