2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声

毎日新聞 / 2019年4月22日 20時53分

政治資金問題で辞職に追い込まれた竹山修身・堺市長に、市民からは「有権者を欺いた結果だ」と憤りの声が相次いだ。一方、大阪都構想を掲げて勢力を伸ばす大阪維新の会に対し、対決姿勢を鮮明にしてきたトップの退場を悔やむ意見も聞かれた。東区の無職男性(74)は「2億円超の記載漏れは常軌を逸している。市民をだまし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング