皮膚の細胞から3Dプリンターで人工血管 透析患者への移植を申請

毎日新聞 / 2019年4月23日 21時0分

佐賀大医学部の中山功一教授(臓器再生医工学)らの研究チームが、細胞を使って立体的な組織を作り出す「バイオ3Dプリンター」を使って作製した人工血管を人工透析の患者に移植する臨床研究計画を蒲郡(がまごおり)市民病院(愛知県)の審査委員会に申請した。中山教授によると、皮膚の細胞だけを使ってバイオ3Dプリンターで作製した生体組織の移植は世界的に珍しいという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング