豊洲市場、想定外の不振 「魚離れ」取扱量は築地時代の7%減

毎日新聞 / 2019年5月19日 8時13分

「日本の台所」と呼ばれた築地市場(中央区)が移転し、昨年10月に開場した豊洲市場(江東区)の水産物取扱量の予想外の不振が続いている。開場から半年間の取扱量は、築地時代を7%近く下回った。全国的な不漁で品物がそろいにくく、魚の消費低迷が続いていると指摘する声もある。不振の要因を探った。【森健太郎】都は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング