門真一家殺傷事件、控訴棄却 懲役30年の1審判決支持 大阪高裁

毎日新聞 / 2019年5月20日 14時26分

大阪府門真市で2016年、自宅で就寝中の川上幸伸さん(当時43歳)を刺殺し、子ども3人に重軽傷を負わせたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職、小林裕真被告(26)の控訴審判決で、大阪高裁(村山浩昭裁判長)は20日、懲役30年とした1審・大阪地裁判決を支持し、検察、弁護側双方の控訴を棄却した。被告の刑事責任能力の有無が争点となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング