滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚

毎日新聞 / 2019年5月21日 10時26分

滋賀県が送付した自動車納税通知書の一部で両端が誤って切断されたミスが発覚したのを受け、県が見本として公表した画像に、実在する県民2人分の住所を特定できる「カスタマーバーコード」が写っていたことが明らかになった。画像が紹介されたニュースサイト「ヤフーニュース」のコメント欄(通称ヤフコメ)でミスが指摘され、判明。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング