続・死亡率7%の壁(1)意識不明5カ月、最後にたどりついた「特別な薬」

毎日新聞 / 2019年5月25日 10時0分

実話を基にした映画「8年越しの花嫁」(2017年公開)で、土屋太鳳さんが演じる主人公の女性が患ったのは難病「抗NMDA受容体脳炎」だった。この治療において、海外では有効性が認められているにもかかわらず、国内では「原則」として使えない薬がある。しかし、防衛医科大学校病院(埼玉県所沢市)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング