カレー屋多いのに…神戸のカレールー購入量、都道府県庁所在地でなぜ最少?

毎日新聞 / 2019年6月16日 7時0分

神戸市民は家でカレーを作らない?2016~18年、神戸市は市販のカレールーの購入量が全国47の都道府県庁所在地で最も少なかった。街を歩くとカレー屋は多く、決して嫌いではないはず。いったいなぜか。総務省の家計調査によると16~18年、神戸市の1世帯が1年間で購入したカレールーの量は平均1092グラムだった。約60食分に相当するが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング