海洋プラごみ対策で合意 共同声明を採択、初の国際的枠組み G20会合が閉幕

毎日新聞 / 2019年6月16日 20時11分

長野県軽井沢町で開かれていた主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合は16日、世界的な対策が急務の海洋プラスチックごみに関し、海への流出量など基礎データの集積を目指す枠組みの構築などを盛り込んだ共同声明を採択して閉幕した。海洋プラごみ対策としては初の国際的な枠組みとなり、メカニズムを解明して流出防止を目指す。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング