芥川賞候補に5人 直木賞は6人全員が女性 日本文学振興会が発表

毎日新聞 / 2019年6月17日 5時0分

日本文学振興会は第161回芥川・直木賞の候補作を発表した。両賞あわせ11人がノミネート。候補入り複数回の実力者が多く、初候補は各賞1人ずつの顔ぶれとなった。選考会は7月17日、東京都内で開かれる。芥川賞は、社会学者の古市憲寿さんが前回話題を集めた「平成くん、さようなら」に続き、2回連続で候補に挙がった。3回目の今村夏子さんは三島由紀夫賞、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング