山口・周南5人殺害 来月で6年 住民、集落復興の道模索 きっかけ作りに茶栽培

毎日新聞 / 2019年6月18日 10時37分

山口県周南市金峰地区の集落で2013年7月に起きた5人殺害・放火事件は、来月で6年を迎える。最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)では17日、殺人罪などに問われた保見光成被告(69)の上告審弁論があった。地区の住民は今も心に傷を抱えたままだが、集落を活気づけようと地区の名を付けたお茶に思いを託し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング