被爆徴用工ら供託名簿廃棄 長崎法務局、謝罪申し入れ書受け取らず マスコミ取材理由に

毎日新聞 / 2019年6月18日 10時57分

戦時中に三菱重工長崎造船所(長崎市)で働かされた徴用工ら朝鮮半島出身者約3400人の供託名簿を長崎地方法務局が廃棄した問題で、同造船所の元徴用工で被爆者の金成洙(キムソンス)さん(93)=韓国・釜山在住=が17日、名簿廃棄について謝罪などを求める申し入れ書提出のため長崎市の長崎地方法務局を訪れた。同法務局は毎日新聞など報道機関が取材しようとしたことを理由に、受け取りを事実上拒否した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング