ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

毎日新聞 / 2019年6月18日 11時6分

コカインを使用したとして麻薬取締法違反に問われた俳優でミュージシャンのピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)に対し、東京地裁(小野裕信裁判官)は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。判決によると、瀧被告は3月12日ごろ、東京都世田谷区のマンションの一室で若干量のコカインを使用した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング