震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

毎日新聞 / 2019年6月18日 23時31分

今回の地震の震源地は新潟―神戸ひずみ集中帯と呼ばれる地帯にある。集中帯では地殻に東西方向から押す力が加わっていて地震が起こりやすく、過去にも2004年の中越地震や07年の中越沖地震など、岩盤がもう片方の岩盤に乗り上げる「逆断層型」の地震が繰り返し発生してきた。政府の地震調査委員会委員長の平田直・東京大教授は「詳しいことは分からないが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング