外国人被災者、防災行政無線聞き取れず「パニックに」 新潟・山形地震

毎日新聞 / 2019年6月20日 10時58分

北から南へ徒歩で日本を縦断中、山形県鶴岡市の海岸付近で地震に遭遇し、新潟県村上市の避難所で住民らと一夜を明かした米ニュージャージー州在住の教師、サミュエル・ギーセカーさん(25)は、津波注意報を知らせる防災行政無線が聞き取れず、知人からの電話連絡で避難すべきことを知った。「大きな地震で、状況を把握できずにパニックに陥ってしまった」と当時の恐怖を語った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング