マンション室内に男性遺体 顔など殴られた痕 東京・江戸川

毎日新聞 / 2019年6月25日 11時53分

24日午後11時20分ごろ、東京都江戸川区南篠崎町3のマンションの室内で、住民とみられる60代会社員男性が倒れているのを警視庁小松川署員が発見した。男性はフローリングの上で倒れ、既に死亡していた。顔や上半身には殴られたような痕が複数あり、同庁は死体遺棄事件とみて捜査を始めた。同庁によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング