掘削機材がトンネル突き抜け特急と接触 JR長崎線 33本運休

毎日新聞 / 2019年7月11日 19時14分

11日午前10時25分ごろ、長崎市のJR長崎線浦上―現川(うつつがわ)間にあるトンネル(約6キロ)内で、長崎発博多行きの上り特急かもめ16号(6両編成)が走行中に異音を感知し停車した。JRによると、トンネル上で掘削作業していた機材がトンネルの天井を突き抜けて列車と接触したのが原因。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング