浄水場談合で都に改善措置要求 業者には課徴金7418万円 公取委

毎日新聞 / 2019年7月11日 20時42分

東京都水道局が発注する浄水場の運転管理業務の受託を巡る談合で、複数の都職員が業者側に非公開の予定価格を事前に教えていたとして、公正取引委員会は11日、官製談合防止法に基づき都に改善措置を要求した。月島テクノメンテサービスと石垣メンテナンス(いずれも東京都)には独占禁止法違反(不当な取引制限)で計7418万円の課徴金納付命令を出した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング