岡山県、河川監視カメラ5倍増 水位変化で避難行動に期待

毎日新聞 / 2019年7月17日 9時4分

昨年の西日本豪雨を受けて岡山県は16日、河川監視カメラをこれまでの5倍に増やすと発表した。河川の水位の変化がインターネット上で確認でき、住民の避難行動や、自治体の避難情報の発令に役立つと期待される。現在、県が管理する河川では7河川10カ所にカメラが設置されているが、これを今年度中に25河川51カ所までに増やす。大規模な浸水被害を受けた倉敷市真備町地区にはこれまで河川監視カメラがなかったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング